2018年モデルのヴェクターグライド試乗会で、カーボン素材は細かに説明して貰わないと困ると感じた。


  スキー板に使われるカーボン素材。
昔はどうだったか全く知りませんが、現在のカーボン素材を使った、板の素材って沢山あります。

 ヴェクターグライド試乗会で、2018年モデルから登場する、ジニアスカーボン
このカーボン素材は、強いスキー板にする為の素材だと思う。

 後に試乗した、マスティフカーボン
もしかしたら、もう既にヘタってたかもしれませんが、カーボンなのに乗り易かった。

 
 
 
 もし、ジニアスカーボンとマスティフカーボンカーボンの厚さやカーボンの組み方が同一だったら。
間違い無く、マスティフカーボンはヘタってますけど。

 カーボンはカーボンでも、組み方違うから。
反発の仕方に差が出来る。と言われれば納得はします。

 
 多分、数年前までのスキー板の「カーボン素材」って聞くと。
「ああ、軽くて扱い易い板だ」って考えが、殆どだと思う。

 
 「軽くて扱い易いカーボンだから」
ヴェクターグライド2018年モデルのジニアスカーボンは乗り易いスキー板。って思わないで下さい。
現行のジニアスより、結構強靭になったジニアスです。

乗り易かったら、試乗直前に「普段からファットスキーに乗ってますか?」って心配されたり。
バーンが硬い試乗会場で「危険過ぎるので、ジニアスカーボンは試乗させません」って言いませんよね?

 
 「ヴェクターグライのスキー板、初めてのファットスキーとして買うけど。
扱い易いカーボンだと思うから、最新のジニアスカーボンにしよう!」って方へ。
本当に、生命の危険を脅かすので、大人しくコルドバライトにしておきましょうね。

 もし、万が一購入してしまった場合。
スキー場のポールコースにて、R35以上のレース板の方々とご一緒に練習し。
「曲がらないスキー板を曲げる為の滑り練習をしてから、BCに行きましょう」

 現行ジニアス所持していて、「もっと硬くて、スピード出せるジニアス!」って願って居た方向け。


 ですが、2018年モデル?なのか正確に解りませんが。
テレマーク用からアルペン用に改良されたシリーズは、本当に乗り易かった。
レジャースキーヤーのゴズロフでも、「コレなら扱い切れるかもしれないなぁ」と天狗になりましたし。


 試乗会で、マスティフとトップ・センター・テールの幅が同じで、5cm短くした。名称不明の板。
多分GREEDってテレマーク板のアルペン用にしたERDEだと思うけど、まだまだ改良中との事。
名前が発表されたら、余計な事だと思うけど、試乗レポート書くかもしれません。


 また、BULKY ADVANCEのアルペン用にしたREISE。
縦に落ちて行く、結構面白いファット板。


 正しい乗り味は、ヴェクターグライドのブースが存在する。
スキー専門店が開催している、早期受注会みたいなので、聞いた方が絶対良いです。
それと、何故だか知りませんが、ヴェクターグライドの板はほぼ値引き販売無しなので。


 
 色んな特典が貰える時に購入予約するか、特典が何も貰えないシーズン中に買うか・・・。
取り扱ってるスキー専門店の中で、取り付けたいビンディングが安い店を探すかですね。

 
 最後に、ちょっと前まで、凄く危険な山に登る方が「コルドバを特注した板で登る」と知って。
無知なゴズロフは「何でもっと太いファット板にしないの?」って思ってました。

 だけどね、下地が完全に凍っていて、斜面に踏み込み表面の雪が全部綺麗に流れて行った時。
「ああ、こんな所滑るなら、太さ邪魔だな。基礎板位の細さで良いけど、無駄に重いし・・・」
凍りの斜面を安全第一で滑りながら、「そうか、だからコルドバなんだ」って気付いた。

 深い新雪を滑ろうと思って、間違ってコルドバライト購入しようと思った方へ。
使う場面が違うと思いますので、購入前に販売店の方にご相談下さい。


 言い方がヒネクレて可笑しいかもしれませんが。
日本で作られているファットスキー板の中で、1番売れているファットスキー板ブランドですよ。
滑走面の素材はしっかりしてるので、他国の安いファット板よりはスピード出ます。
けれども、値段が高いのでゴズロフみたいなのは買う事が無理。


テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事