ニセコ niseko イワオヌプリ iwaonupuri BC

ニセコ niseko イワオヌプリ iwaonupuri BC。

 ニセコで1番有名なスキー場はニセコグランヒラフ
ゲートを出てスキー場管理区域外に出ると、ヒラフが1番面白いのは確か。
その為、お客さんの数も1番多く、ニセコで1番儲かっているスキー場。

 ヒラフのリフト最終地点から、ニセコアンヌプリ(山の名前)の頂上の方へ登れる。
登り切ると、一応360度どっちの方向にも滑って行けるけど、帰って来れるかはシラネ( ゚д゚ )
 

 晴れていれば、嫌でも視界に入って来る1番近い山が「ニセコイワオヌプリ
イワオヌプリの東斜面を正面から眺める位置に居る為。
イワオヌプリの斜度が、実際よりも急斜面に見えてしまう。
ニセコアンヌプリ山頂からイワオヌプリを初めて眺めた時。
( ゚д゚ )「あんな急斜面滑るなんて無理だよ、怖くて滑れない」って本気で思ってた。

ニセコイワオヌプリ
 

 ニセコイワオヌプリ南東斜面滑走動画。
降雪前日と前々日合わせて70cm。晴天で無風。

北海道niseko iwaonupuri南東斜面
 ニセコイワオヌプリを初めて滑りに来る方々が、多分1番最初に滑る斜面。
ニセコアンヌプリの北斜面・北西斜面を滑り降りた人達が1番行き易いルートで、人が多い。
不思議な言い方だけど、滑る斜面を皆で登る。
午後になるとクラスト化するので、滑り降りるのが凄く大変になる。

 北海道に初めて来て、初めてのバックカントリーがイワオヌプリ南東斜面の午後だった場合。
良い思い出にはならないと思う。滑るなら午前中にしておいてね。



 ニセコイワオヌプリの本当の姿は、南東斜面じゃありません。
ニセコアンヌプリの北斜面を降り切った所から見える、イワオヌプリ北東斜面とイワオシュート
ニセコイワオヌプリ北側
 画像中央部が北東斜面、画像の右側の大きな谷地形がイワオシュート
この斜面を知ったのは、南東斜面を滑ってた時に。
「イワオヌプリ北側には凄く急な斜面があるから、行ってみよう」とボーダーさんが話してたから。

 ゴズロフは基本単独行動だから、意外と用心深いけど無謀。
イワオヌプリから滑走者が居なくなった15時頃、初めて北東斜面へ偵察。
シール付けながら歩いて行くと、上記画像中央部のセッピ上に出てビビル。
急いでセッピから退避&滑走準備、ビビリながら地形と斜度を悪い頭に叩き込む。
北東斜面を滑り終えた時「無事で良かった」と安心する位ビビってた。

niseko iwaonupuri 北東斜面
 調査した次の日のイワオヌプリ北東斜面。
ビビッてし、別の方々が近くに滑っていたので、行動にビビリと迷いが混ざってた。



niseko iwaonupuriシュート
 北東斜面を滑った後に、イワオヌプリシュート
シュートは北東斜面より、滑れる距離が長いけど、下まで滑り降りる気が起きません。
ゴズロフはボウル状の地形の楽しさが解りません。

  
 それから、イワオヌプリ北東斜面だけを滑る様になった。

朝焼け気味 niseko iwaonupuri。
 この日、1本だけ滑ったらイワオヌプリの標高700m以上が霧に包まれる。
一時間位待っても晴れないので、安全第一で撤退。
乗ってるファット名を聞かれても困るので、広告画像でご説明。

 ロシニョールのソウル7の女性向けモデル、サボリー7。
柔らかくて、深雪の中に沈み易いので、雪を巻き上げたい方には良いかもしれません。
本州みたいな湿り雪や、クラスト斜面を滑る為に購入してた。



niseko iwaonupur春雪BC
 この時のニセコイワオヌプリでは、初めてのバックカントリーでのクランマーターンに挑戦してた。
だけど、予想以上の雪の硬さと、予想以上のスピードが出たので、板が浮きっぱなし。
 

他は、全てロシニョールのスカッド7を使用。
深雪で良い日専用。

朝1本3本目
 左の画像が1本目、右の画像が2本目。跡を見るとスキー板2本だけじゃ無く3本付いてるでしょ?
手を着いてる分の跡なんですよ、細いのはストックだけ突いてる跡ですね。


 1番最初は斜度が怖かった、イワオヌプリの北東斜面。
斜度も慣れて来ると意外と滑れる様になりますが、初めて行った所の最初の1本が1番怖いね。

 ニセコアンヌプリの北斜面を降り切った所から、イワオヌプリに移動する方へ。
川が有るのでご注意を。

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事