スキー板の値下げ時期は、1月下旬、3月中旬、4月頃。 値上げも有るから要注意!

 
 常識ですけど、スキーの値段は、販売するお店毎で異なる。
地域が異なるだけでも差が出てくる。
1kmの距離も離れいてない、ご近所のスーパーだってそうでしょ?
同じ500mlのコーラでも、130円の所もあれば、98円の所もある。

 後は、凄く人気のあるスキー程、値下げする金額が少ない。
これは、人気のある商品だから、わざわざ値下げをしなくても、買ってくれるお客さんが居るから。
お客さんが購入してくれまで待ち続けている状態だったり、別の見えない力が掛かってるとか。

 お店は、「他のお店価格が安ければ、その価格より1,000円お安くしますよ!」という作戦もある。
最近「同じ地域のエリアの価格だけに対応致します」と言われて。
「全国で1番安い所、神田界隈の価格には、合わせてられません」という意味だと解りました。

 お店が儲かる為には、出来る限り割引販売無しで、売る必要がありますからね。
よく、スキー雑誌に登場してる、何処かのスキー専門店のお偉いさんが。
スキー用品は割引競争ばかりで、店舗は非常に大変。割引販売をしないで売りたい」って言ってたし。

 正直、割引販売をしないで、スキーを販売しても、別のお店が安い価格で売れるので無理。
メーカーやブランドが「うちのスキーは、高級ブランドイメージを維持するから、割引禁止な」
と制限する事が可能ならば、何処かのブランドみたいに、値下げ無しでも売る事は出来るみたい。
それでも、スキーが売れる理由は、スキーの性能が本物だから、本物が欲しい方が購入します。



 東京神田界隈は、スキー専門店が沢山有り過ぎる為、お買い得な価格も多い。
ゴズロフみたいに、遠い所の人間が、わざわざ東京に行ってまで、「安いスキーを探すのは馬鹿」
東京に行くまでの交通費と、時間と、労力。を取り戻せる位にお買い得なスキーがあるなら良い。

 だけどね、夏の間、スキーが沢山ある場所に居るだけで、幸せな気持ちになれる。
現実世界が嫌になって、東京ネズミさんランドに夢を見に行くのと同じなんです。
 スキーを見て「こので滑れたら、どんなに楽しいだろうか」と妄想して、精神を安定させる。
ゴズロフみたいなスキー馬鹿には必要な治療です。


 今は大型量販店も、スキー専門店も、ネットショップに進出してる。
だから、交通費を掛けても東京に行ってスキーを購入するよりも、家でノンビリ引き篭もってもOK。
ネットショップで購入したスキー板を届くのを、スキー雑誌を読みながら待ってれば良い。

 試乗レポートでは、広告画像を作成した日付表示されるので。
時期別の価格が見える様に出来る。
( ゚д゚ )「楽天さん、うちのショップ価格がバレルのでヤメテ」って所、沢山有ると思うよ。
















 何も、この広告のお店だけがやってる事じゃありません。
スキー板やら、用具が売れる時期になると、お店の販売したい価格に調整してるだけ。
 また、ネットショップだから、表示価格が間違ってる事もある。
ゴズロフは、数年前に凄い安売りを見つけて即注文したら。
「価格が間違ってましたので、この金額で売れません、買い物は無効です」ってメールが来た。
( ゚д゚ )?!

 スキー板は、数年単位で新しい構造を取り入れたニューモデルを出してるけど。
ニューモデル=去年モデルより優れた滑りが出来るスキー板では、絶対にありません。
たま~に「大ハズレ」のスキー板もありますからね。
2017年モデルはゴズロフ的に、アレが大ハズレだと思うのですが、売れるでしょうね。

 

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事