グリップウォークソールの対応ビンディングが解りません。

2018シーズン、ノルディカから出た、グリップウォークソールが付いている、ブーツ

gripwalk

 ゴズロフはノルディカから、ウォークモード付きの山登り向けのブーツが出るのをずっと待ってた。
他のメーカーのブーツを履いてみても、全く足に合わなくて困ってた。
k2は足入れ時点で無理で、サロモンは、足の甲付近の構造が変で凄く当たるし…防水性は知らないって言われたし。

 しかも、無駄に足の幅が広いので、ラストが狭いブーツは履けない。

 昔、ラストが狭いブーツを無理に履こうとして、無駄にサイズだけ上げる馬鹿な事をしていたので。
無駄にサイズを上げて、カッコいいだけのブーツを買うなんて、アホな事はしなくなった。


 んで、ゴズロフが購入する前に悩んだ事が「グリップウォークソール対応ビンディング

( ゚д゚ )?何ですかそれは?



 この頃流行り出してる、グリップウォークソールは、普通のスキーブーツソールよりも
歩き易くしてるソールみたいです。チロリアはGW。
 そのGW(ゴールデンウィークでも、ガンダムウィングでも無く、グリップウォークの略)は。
普通のアルペンスキー用として作られている、アルペンビンディングには、規格として付けれません。
GWも対応してくれている、ビンディングを購入して、トゥピースのブーツ下の高さを調整しないと適合しない。

 マーカーだと、バロンやデュークは昔から対応してましたが、近年ソールIDと言う名称で沢山出て来てる。



 他のメーカーも、同じ機能でも。
メーカー毎に色んな名称を付けて、いかにも俺の所の技術だぞ!って他社とは別の名称を付けてるので意味が解らない。
全部統一してくれれば、購入者にとって解り易くて良いのにね。

 色んな言葉を使えば。
( ゚д゚ )「ャベー!なんかカッコヨクネ?」って考える、馬鹿な消費者だって思われ続けている証拠ですかね?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LOOK ルックPIVOT 14 DUAL WTR MR73mmブレーキ
価格:44280円(税込、送料無料) (2017/10/15時点)




 ルックとロシニョールはWTR




 サロモンもWTRだけど、「サロモンブーツWTRにピッタリ」って。
サロモンブーツじゃないと駄目だよ?って脅しにかかってるし…本当に自社製品を売る為の文句がウザイですね。


 グリップウォークソールブーツを買ってしまった場合。
今使っているスキー板のビンディングに適合しないかもしれません・・・。
そこは、ブーツを購入する前に確認が必要ですね。

 

 ゴズロフの勝手な予想ですが、これだけグリップウォーク対応ビンディングを売り出してるので。
ブーツメーカーは、コンフォート向けの、歩き易いソールブーツを出して来るでしょうね。
そして、初心者・中級者向けにも、移動が楽な快適スキーブーツとして、狙って来るでしょう。

 普通のスキーブーツよりは、価格が高いけど。
万が一、トイレの滑り易い床で転んで、陶器の凹みに頭から突っ込む位なら、グリップウォーク
ゲレンデ食堂で、ラーメンやら、蕎麦をヒックリ返すその前に、GW。
スキーヤーの事を絶対考えて無い、急な階段で滑り落ちるその前に、ソールID対応の歩き易いブーツ。
ゴンドラ降りて、ファーストトラック競争の、より早い全力疾走の為に、WTRのサロモンのグリップウォーク

 絶対宣伝してくるはずですし。
スキーブーツで歩くのに苦労しない上級者よりも、歩くのに慣れてないエントリー層の方々にお勧めですよね?
特に、スキー場側でコンビニ経営している方も絶対思ってるハズですよ。
ゴズロフが行くコンビ二には、海外のお客様方がアルペンブーツで滑って、床で転がってるし・・・。

 コンビニの入り口に、各ブーツ会社から広告看板料金を払って貰って。
「コンビ二の床はアルペンソールは危険、やっぱり○○社のグリップウォーク」って広告貼ったら?


 俺はアルペンブーツで硬派な滑りしかしねぇよ!って方々は。
このビンディングの切り替え時に、安くなったアルペン規格だけのビンディングを購入しておいたら?



 だけどね、各メーカーが自分の所の製品を売り出そうとすればスルホド。
同じ意味なのに、言葉が違う名称ばかり無駄に出して来るから。
購入する側は混乱するでしょうね…。

 だからこそ、購入する前に確認が必要です。
( ゚д゚ )「サロモンのグリップウォークに最適って書いてますが、サロモンブーツが足に合いません。サロモンブーツにしか最適って書いてない、サロモンビンディングは、他社のブーツは不適なんですね?STH2の購入を諦めて、マーカーのビンディングに潔く変えますね」位。

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
雪と戯れるならテムレス。

北海道スノーパラダイス
2018モデル試乗板一覧
2017モデル試乗板一覧
2016モデル試乗板一覧
2015モデル試乗板一覧
2014モデル試乗板一覧
2013モデル試乗板一覧
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
ゴズロフのGOPRO動画館
プロフィール

ゴズロフ

Author:ゴズロフ
 パウダーライドが1番、2番がコブ練習、整地が1番難しいと勘違いしている。レジャースキーヤー。趣味は新しいニューモデルスキー板の試乗。メーカーや販売店の方々、ご迷惑お掛けしております。
シーズン中、6割コブ、2割新雪、1割整地目的で滑ってる。

最新記事