FC2ブログ

モーグル選手みたいな滑りをしたいなら、脚力やら、腹筋やら、背筋やら、トレーニングしないと駄目です、後、正しい所で学ぶ。

 ジャンプの方がメダルを獲得出来る期待値が高いから、たぶんモーグル男子はLIVEされません。
と、札幌ファクトリーでやっていた「ハズレ無しのお楽しみ抽選会」でちらっと話を聞きました。
お話していた方は、スコップを持って、選手達が滑った後にひたすらコブ整備をする方だそうです。

 今のコブ滑りの滑り方を変えたいって、新潟県の神立でスクールの監修してるそうなので。
オリンピックのニュースを見たから、モーグル滑りに挑戦してみたいって方はこちらへ。
神立スキー場のモーグルスクールの公式ページへリンク
注意してくださいね、SAJ・SIAの公認は受けて無いのかもしれません。
「連盟に金寄越さない非公認スクールでは受けるな!」って言われている方は特に注意です。


 
 スキー以外のスポーツでも、変な所で教わると、変な癖が付きます。
ゴズロフはコブの滑り方を知らない内に、コブで練習していたので。
ストック強く突く方法しか思い付かず、減速する方法で滑ってたタイプです。
今でもその付き方の癖が付いてるので、ストックを弱く突いても、腕の位置が凄く変です。
変な癖が治りません。

 ああ、ストック強く突く、個人のスクール?さんは、体重移動も兼ねたストック強く突く方法です。
強く突く姿勢を取る事で、外脚スキー板に体重を掛けて、雪面を削っての減速です。
ゴズロフはストック強く突く衝撃だけで、減速していたタイプです。
間違わないで下さいね。
その方法だけでも、キロロの長峰Bのコブを15コブ位は連続で滑れる様になりますよ。

 それに、春のシャク雪で完全不整地だった所だと。
ストック強く突くと、リングを通り越して、20cm以上ストックが潜る時が有る。
ゴズロフがその事に気付いたのは月山だったかな?


 このコブライン、斜度が怖いのでストックに頼って強く突くと、結構な頻度で潜るから困る。
対策として、パウダーリングを付けたストックを使うと、コブを乗り越え難くなる。

 ストックが潜ると、次のコブに進みながら抜くのは困難。
ストックを折れば次のコブに行けなくもないですが、そんな勿体無い事はしません。
ストックが潜ると、強く突けない!どうすれば!?って時に。

 神立スキー場のモーグルスクールの公式ページへリンク ここですね。
注意してくださいね、SAJ・SIAの公認は受けて無いのかもしれません。
「連盟に金寄越さない非公認スクールでは受けるな!」って言われている方は特に注意です。

 ゴズロフはちゃんとしたコブを教えてくれる所で、習った事が無いので、良く解りません。
モーグラーさんの滑りをすぐ近くで見ていても、動きは少し解るけど、その動きが全く真似出来無い。


 モーグル滑りをしたいなら、脚力やら、腹筋やら、背筋やら、トレーニングをしないと駄目です。
オリンピック日本の男子選手が銅メダル獲得、凄いですね。
間違い無く、どこかのテレビ局は、胴メダルを獲得した選手の太ももの動画を、また放送するでしょう。
恐ろしい筋肉ですよ、ボディビルダーの脚みたいに…。

 その凄い脚力が有るから安定したターンが出来るって。
ヘルメットに装着したgopro動画も一緒に映像として流れてましたが、曇りだから良く見えない。
出来れば、晴れの日に撮影して頂いて、スキーブーツが見える位にカメラの角度を調整して貰い。
スロー再生して貰えると、非常にありがたいのですが・・・。


 後ね、コブを滑っている動画って、横から見ると、スキー板の振り幅が見えませから。
本当に真っ直ぐ滑っている様にしか見えません。
後ろと正面から見ても、体とスキー板が一緒に左右に振れてるので、横移動距離がいまいち解りません。
真上から、コブ形状を見ながら見下ろす位置から撮影すると、多分動きが解り易いですよ。

 何処かのテレビ局さん。モーグル選手と一緒に移動して、真上から撮影する動画を放送して下さい。

 メダルを獲得出来なかった、日本人選手の滑りを全部見たいのですが。
テレビは話題性の出る、結果を出した選手しか取り上げ無いから残念。
他国の選手の滑りも見たいんですけど?

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

BSNHKは一応、準決勝も決勝も全選手映ってました。ご希望の視点ではありませんが。

毎週、ガリガリのホームゲレンデにしか行ってません。

 ( ゚д゚ )なんと、BSという高級設備は無い物でして。
ご希望の視点は…1番動きが解り易いかな?と思っているだけでして。
体が真っ直ぐ進んで、スキー板も真っ直ぐフォールラインを向いて居ない事が解り易いかと。

 神立は春コブ時期しか行った事無いんですよね。
コブラインが沢山有るのは贅沢ですよね、月山も。
main_line
main_line
今年のメロンは高い
コブ滑りのブーツガード。
エッジからブーツを守る。
道外人居ない北海道








2022モデル試乗板
2020モデル試乗板
2019モデル試乗板
2018モデル試乗板
2017モデル試乗板
2016モデル試乗板
2015モデル試乗板
2014モデル試乗板
2013モデル試乗板
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
最新記事