FC2ブログ

Elan エラン Ripstick リップスティック 106  2019モデル試乗した愚痴レポート。

 Elan エラン Ripstick リップスティック 106  2019モデル試乗した愚痴レポート
181cm 140-106-122 R=18.1

 ElanRipstick106


 正直言いますと、エランのファット板って、ペラペラのスキー板だと思ってました。
試乗会でも余り人気が無く、常に試乗ファットスキーが置いて有った。
2019モデルと2018モデルの違いは、TNTの文字がトップシートに有るか無いかの違いかな?
他の試乗板は、TNT表示が無く、多分20118モデル。
今回試乗した板ともう1本だけTNTの表示が有った。

 
Elan エラン Ripstick リップスティック 106  2019モデル試乗した動画。

試乗動画の斜面構成。
前半・28度の完全非圧雪バーンを下って、20度ちょっとの一応圧雪されるバーン。
後半・25~30度位の中斜面、完全非圧雪。

 エランの構造は流石ですね、ちょっとスキー板を横に傾けただけで、外側のスキー板が曲がり始める。
勿論、内側のスキー板は勝手に曲がらないので、人間が操作する必要が有る。
緩い斜面を低速で滑るのが、ゴズロフ的には難しいと思う。
外足を踏み込んで無いのに、勝手にターン始めるし、傾けようとしても、平らだから難しいし。

 ある程度速度が出て、勝手に曲がる外足スキー板を踏んであげれば、勝手に曲がる感覚は無くなる。
外足が凄く安定してターンして行きます。
但し、柔らかいので、グザグザ凸凹斜面だと、内足スキー板がちょっと不安定。
ゴズロフには外足の安定感と、内足足の不安定感を、均一にする技術が有りません。

 ラインのサカナより軽いし、扱い易い。
自分から操作しないとターン出来ないファット板に比べて、簡単に曲がってくれるファットスキー板。

 エランリップスティックはダサクて、ブランドもカッコ悪いと思って無いで、試乗してみて。
特に、初めてのファットスキー板をお探しの方。


 Elan エラン Ripstick リップスティック 106  2019モデル試乗した愚痴
外足と内足のターン中の感覚が違い過ぎて、内足の動かし方が解りません。
板は確かに軽くて柔らかくて、扱い易いから、強靭なファット好きには不評だと思う。
この板の乗り方に慣れてしまうと、強靭ファットには苦労すると思う。
それ位、簡単に曲がれるファット板。

 右と左が日本語表記じゃ無いから、普通にLeftとLightを間違える人は居るかもしれない。
試乗板をお借りした時、スキー板に右側用と左側用が有るって説明は今更する必要は無いですが。
右と左を間違えて試乗してしまう人、ゼロじゃ無いと思うよ。

binElanRipstick106
付いてたビンディング。




テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
今年のメロンは高い
コブ滑りのブーツガード。
エッジからブーツを守る。
道外人居ない北海道








2022モデル試乗板
2020モデル試乗板
2019モデル試乗板
2018モデル試乗板
2017モデル試乗板
2016モデル試乗板
2015モデル試乗板
2014モデル試乗板
2013モデル試乗板
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
最新記事