FC2ブログ

パウダー専用ファットスキー板に、山登り用のクライミング「シール」を貼ったまま夏を越えてみたけれど。

 バックカントリーと言う文字列を、東京の原宿辺りの高級ブランド店内で見聞きすると、とてつもなくカッコ良く思えるけど。
実際にド田舎の山でバックカントリーしてると、学校の授業で一番辛いマラソンをさせられてるのと同じ位疲れる。

 
 山スキーで一番大切なのは、ブーツでもビンディングでもスキー板でも無い。
スキー板の滑走面に貼り付けて、雪の上を歩いて登る為に使う「シール」だと思う。



 登る時と滑る時の総重量が変わらないビンディングや、可変型ガンダムみたいな超高性能ビンディングでも、シール無かったら無意味。登れません。

 
 ボードの方はスノーシューとか、そのままボードブーツでハイクしてる方をお見掛けしますけどね。




 シールって雪上で何度か貼り剥がしを繰り返すと、シールの粘着面に雪が沢山付着して、シールスキー板に貼れなくなる。
貼れなくなると、シールを使って斜面を登る事が出来なくなり、一番疲れるスキー板を背負ってのツボ足移動とかになってしまう。


シーズン中ならシールを買った時に付いてる、チートシートと呼ばれる物に貼って保管してるけど、夏の間の保管方法って良く解らない。



↑これがチートシート。
春から秋に掛けて、これに貼って保管していたシールの部分が溶けてべったりと貼り付いていた。
そのままスキー板に貼ると、スキー板の滑走面にが残って、全然滑らないし。
雪上ハイクしてると、その部分から雪が貼り付いて来て最終的にシールがスキー板に貼れなくなってしまった。

ただし、コブで縦減速を板任せでしたい方は、一度やって見ると良いカモね。



 一番良いのは、使用後にちゃんと乾燥させて、シール購入時にシールに最初から貼り付いてる透明なプラフィルムみたいのに、貼って夏を越せば良いみたいだけど、気付いたらシールの箱ごと無くなったりもする。


 一時期はシールのを秀岳荘で貼り替えて貰って、貼り換えした接着面に貼って有った紙製ので代用したけど。
紙だから破けてしまって、シールを貼って保存する物が無くなって困って居たら。
ピコーンと何かが閃いた。

 
 パウダー専用ファットスキー板にシールを貼り付けたまま夏を越した。
勿論、バックカントリー使用後にシールは乾かして、スキー板は丸ごとチューンナップの袋の中に仕舞ってた。
しかし、今年の北海道の夏は暑かったし、湿度も高過ぎた。



G3seal1



馬鹿天才は紙一重と言うし、失敗は成功のもととも言うし。


G3seal2



万が一滑走面にがびっしりでも。
ファットスキーでコブ縦滑り減速!ってネタ動画でも作ろうかな?って考えてた。


 結果は。


 
 G3seal3

 うは、今シーズンは天才なのかもしれない。
けど、来シーズンは馬鹿になるかもしれないから調子には乗りません。


 これは梅雨の無い北海道だから偶然出来た事かもしれないので、道民の方でもお勧めはしません。
馬鹿になったら、の貼り直しと、滑走面の掃除が必要になりますからね。


 遭難したら、メディアが喜んで詰め掛けて来るバックカントリーみたいに、自己責任でお願いします。
ゴズロフに文句言っても、「天才or馬鹿おめでとうございます」位しか掛ける言葉が見つかりません。


 けど、貼り付けたままだと接着性なんか落ちたかも?

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 保管は

オーブンペーパーを貼り付けるのがおすすめ。
貼り付けた状態でアイロンを掛けて、それから冷暗所に保管。
使っていない部屋にカーテンを引いたまま真っ暗な中で冬まで放置。

アイロンは粘着力が落ちたかな?と感じた時と、雪が腐ってもうお終いと感じた時に。
オーブンペーパーは使った後に貼り付けて乾かし、次に使うまで貼りっぱなし。
ぼろぼろになったら気軽に貼り替え出来るので。

 けさん。コメント有り難うございます。
メールアドレスが表示されてしまうので、コメントは削除させて頂きます。

 まだフィルムを使用しているシールが2セット有りますので、そのフィルムが破れた時は試させて頂きます。
有り難うございます。 
main_line
main_line
今年のメロンは高い
コブ滑りのブーツガード。
エッジからブーツを守る。
道外人居ない北海道








2022モデル試乗板
2020モデル試乗板
2019モデル試乗板
2018モデル試乗板
2017モデル試乗板
2016モデル試乗板
2015モデル試乗板
2014モデル試乗板
2013モデル試乗板
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
最新記事