FC2ブログ

全国的に豪雪シーズンだけれども、最初に買うファットスキー板は絶対に柔らかいのね!


2021011sinsetu

大雪の降っている本州のスキー場。
基礎スキーヤーの方々や、普通に滑るのを目的の方は、単純に滑り難いだけ。
スキーでターンしたいけど、深雪が重く邪魔して曲がってくれません。


 曲がるのに苦労してるのに、奇声を上げて滑って行く変な人達を見掛ける。
変にスキーが太くて長い、ファットスキーを履いた人達です。
「パウダーパウダー!」と喜び、一種の中毒症状に陥ってる方々なんです。

 基礎スキーの方々って、他人の滑りには厳しい目を持っていらっしゃいますから。
何であんな簡単に曲がれるんだろう?って思う時と。
何で深雪用なのに、あんなに曲がり難く滑ってるんだ?って思う時が有ると思う。


 基礎と同じで硬くて長ければ曲がり難い、上級者専用ファットスキー
柔らかくて、曲がり易い、初心者専用ファットスキーが存在してる。

 勿論売る側の意味で、上級者用、初心者用と区別し過ぎると。
高いファットスキーがある意味売れなくなるので、そんな事はしません。

 しかし、状況に応じたファットスキー板を使うと。
斜面と適切なら、1番滑り易くなってる。

 
 勿論、基礎スキーと同じで、クラウン持ちの方と1級持ちの方みたいに。
単純に滑り手の技術力の問題だったりもする。



大量に降雪(60㎝以上)が有って、同じ斜度の場合。

 上級者用ファットスキー板は、深雪に沈まずに浮き続ける。
基本的に滑ってる滑走速度が速い。

 初級者用ファットスキー板は、深雪に沈んで底の下地に接する事も。
基本的に滑ってる滑走速度が遅い。

しかし、上記はノートラックの(誰も滑って無い深雪エリアに突入する)時の話。
実際に、日本では山に自力で登ったりしない限り、木々の間を滑る事が多いと思う。


 2021011turirann

 
本州の湿り雪ツリーランは曲がれ無いから難しい。北海道の乾燥雪ツリーランは曲がれるから優しい。技術力以前に雪質で本当に違う。

 使用している板は、上級者専用じゃ無いけど。
とあるブランドで一番長くて一番幅広で一番重いファットスキー板。

 深雪量は50~60㎝位で、深雪最下部の下地に接する事は無かった。
こんな好条件に恵まれれば、こんなスキー板でも扱い切れる事が可能になる。

 もし、深雪量が20㎝位だと、下地にスキー板が接して、扱い切れなくなり。
映像のツリーランでは曲がり切れずに、10秒位の所で木に当たると思う。


 深雪量が20㎝位時に、柔らかい初心者専用ファットスキー板の方が楽。

 柔らかい分深雪の中にスキーが全部沈み込んで、低速になり。
下地にスキーが殆ど接してる状態でターンする事になる。

 硬いスキーよりも柔らかい分、下地を使った滑り(整地での滑り方)が楽で。
ツリーランみたいに、次から次へと木を避けて忙しい小回りも柔らかい方が楽。

 
 深雪に沈み込むと、深雪を舞い上がらせる事も可能になるんです。
スキーを真横にして、止める様な強いエッジングをすれば更に高く上げれる。

 滑り手視点の動画だと、減速の連続だから余り映像としてツマンナイけど。
自撮りする方だったら、顔まで白い雪を浴びて良い映像撮れるかもしれませんよ?


 後は、最近パウダーの中毒者って結構増えてて、深刻な社会問題ですからね。
斜面を滑り出して一時間位したら、まっさらな深雪が凸凹した単なる不整地になる。

こんな凸凹したコブみたいな所、硬いファットスキーだと地獄。

富良野スキー場。北の峰ゴンドラチャレンジ、コブに敗北し逃亡!

 そういや、ノースフェイスの広告動画で。
富良野スキー場を撮影場所とした、ファットスキーを履いた方が鼻歌歌って。
凸凹したツリーランでも楽しそうに滑ってますけど…。
ありゃ、スキーの技術力が世界のレーサーだからです。

 同じスキー板、同じブーツ、同じウェアを購入して、同じ不整地ツリーランをした時。
滑り難いと感じたら、単に皆さんのスキーの技術力が不足していだけです。


 コブも滑れる、柔らかいヘタったファットスキー板で滑ってた方が楽なんです。

札幌国際スキー場、不整地ダウンヒルコースはコブだらけ。今滑ったら洩れなくスキー板ソール面に、数多くの勲章を受傷出来ますよ!


テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
今年のメロンは高い
コブ滑りのブーツガード。
エッジからブーツを守る。
道外人居ない北海道








2022モデル試乗板
2020モデル試乗板
2019モデル試乗板
2018モデル試乗板
2017モデル試乗板
2016モデル試乗板
2015モデル試乗板
2014モデル試乗板
2013モデル試乗板
※2014モデルは継続が多い
カテゴリ
ランキング参加しました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村
最新記事